2015年9月16日水曜日

2015年日本地理学秋季学術大会における研究グループ集会の開催について

2015年9月18日(金)〜 19日(土)に愛媛大学法文学部で開催される日本地理学会学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2015autumn.html)において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます(http://www.ajg.or.jp/ajg/2015/08/post-723.html).関心ある方々のご参加をお待ちしています.

日時:2015年9月19日(土)13:00-15:00
場所:愛媛大学法文学部講義棟304教室(http://ehimechiri.sakura.ne.jp/kaijo-main.html
発表者:
 青木和人(オープンデータ京都実践会):地域活性化へ市民参加型オープンデータが果たす意義
 田中雅大(首都大・学振特別研究員):参加型GIS研究におけるエンパワメント概念の整理—生態学的視点からの展望—

2015年2月25日水曜日

2015年日本地理学春季学術大会における研究グループ集会の開催について

2015年3月28日(土)〜 29日(日)に日本大学文理学部で開催される日本地理学会学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2015spring.html)において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます(http://www.ajg.or.jp/ajg/2015/02/post-679.html).関心ある方々のご参加をお待ちしています.

日時:2015年3月29日(日) 13:00-15:00
場所:日本大学文理学部(3509教室)(http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/

発表:
・鈴木晃志郎(富山大):電子地理情報倫理をめぐる地理学的課題
・吉永明宏(江戸川大):GIS利用の「倫理」―倫理学の観点から