スキップしてメイン コンテンツに移動

参加型GISとは

PPGIS・PGISとは:
 PPGIS(Public participation GIS,市民参加型GIS)という用語は,1996年にアメリカ合衆国のNCGIA(国立地理情報分析センター)のワークショップで提示されたのが最初といわれおり,さまざまな市民参加活動を地理空間技術によって支援する分野を指します。たとえば,地図作成を通して市民の情報共有を促進したり,GISによって公的意志決定のプロセスを改善する活動などが含まれます。
 PPGISは,もともとアメリカ合衆国の都市での応用から始まったものですが,これを農村地域や発展途上国での応用にまで拡大したPGIS(Participatory GIS,参加型GIS)という用語も使われるようになりました。そこには,Web GISなどのハイテク技術だけでなく,手描き地図やレリーフマップなどの古典的な地図作成手法を含む広義の地理情報技術を,開発教育や参加型開発におけるPLA(Participatory Learning and Action,参加型学習行動法)のツールとして利用することも含まれます。

【参考文献】
Kemp, K.K. ed. 2008. Encyclopedia of Geographic Information Science. Thousand Oaks Sage.
Ppgis.net<http://www.ppgis.net/ppgis.htm
GIS利用定着化事業事務局編(岡部篤行・今井 修監修)2007. 『GISと市民参加』古今書院.

このブログの人気の投稿

2015年日本地理学秋季学術大会における研究グループ集会の開催について

2015年9月18日(金)〜 19日(土)に愛媛大学法文学部で開催される日本地理学会学術大会( http://www.ajg.or.jp/meetiing/2015autumn.html )において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます( http://www.ajg.or.jp/ajg/2015/08/post-723.html ).関心ある方々のご参加をお待ちしています. 日時:2015年9月19日(土)13:00-15:00 場所:愛媛大学法文学部講義棟304教室( http://ehimechiri.sakura.ne.jp/kaijo-main.html ) 発表者:  青木和人(オープンデータ京都実践会):地域活性化へ市民参加型オープンデータが果たす意義  田中雅大(首都大・学振特別研究員):参加型GIS研究におけるエンパワメント概念の整理—生態学的視点からの展望—

日本地理学会2018年春季学術大会における研究グループ集会の開催

2018年3月22日(木)〜 3月23日(金)に東京学芸大学で開催される日本地理学会春季学術大会( http://www.ajg.or.jp/meeting/2018spring/ )において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます( http://www.ajg.or.jp/20180219/4163/ ).関心ある方々のご参加をお待ちしています. 日時:2018年3月23日(水)13:00-15:00 場所: 東京学芸大学   N202教室 ( http://www.u-gakugei.ac.jp/pdf/campusmap.pdf ) 山下 潤(九州大)・岩崎亘典(農研機構)・西村雄一郎(奈良女子大)・瀬戸寿一(東京大): OSM(OpenStreetMap)のデータ品質について 岩崎亘典(農研機構):地理空間情報におけるオープンデータの公開に係る問題点について

日本地理学会2017年春季学術大会における研究グループ集会の開催

2017年3月28日(火)〜 3月30日(木)に筑波大学で開催される日本地理学会春季学術大会( http://www.ajg.or.jp/meetiing/2017spring.html )において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます( http://www.ajg.or.jp/ajg/2017/02/2017-11.html ).関心ある方々のご参加をお待ちしています. 日時:2016年3月29日(水)13:00-15:00 場所:筑波大学 (筑波キャンパス第三エリア)3A407 ( http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html ) 「参加型GISの理論と応用」について(座談会) 内容:『 参加型GISの理論と応用: みんなで作り・使う地理空間情報  』( http://www.kokon.co.jp/book/b281804.html )の発刊を受けた研究グループメンバーによる座談会を実施します。