スキップしてメイン コンテンツに移動

日本地理学会秋季学術大会「GISと社会」研究グループ研究例会


2011年10月6日(土)〜 9日(火)に神戸大学で開催される日本地理学会秋季学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2012autumn.html)において,日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究例会(http://www.ajg.or.jp/ajg/2012/09/post-473.html)が開催されます.


本科研メンバーらが発起人として申請を行い,本年度からの活動がこの度承認された日本地理学会「GISと社会」研究グループの第1回研究例会となります.本科研の研究代表者兼研究グループ発起人の若林芳樹先生と,関西地域で自治体GISに積極的に取り組まれておられるひとりである青木和人さんからの報告をお願いしています,

関心をお持ちの方は,是非ご参加いただければと思います.

<「GISと社会」研究グループ 第1回研究例会>

場所:神戸大学 鶴甲第1キャンパス D棟D309(http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/turukabuto-dai1.html)キャンパスマップには,建物名称の記載がありませんので,現地でご確認ください.

日時:10月7日(日)13時〜15時

報告者:

若林芳樹(首都大):「GISと社会」研究の射程

青木和人(宇治市役所・立命館大学歴史都市防災研究センター客員研究員):地方自治体における参加型GISの可能性

このブログの人気の投稿

日本地理学会2017年春季学術大会における研究グループ集会の開催

2017年3月28日(火)〜 3月30日(木)に筑波大学で開催される日本地理学会春季学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2017spring.html)において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます(http://www.ajg.or.jp/ajg/2017/02/2017-11.html).関心ある方々のご参加をお待ちしています.


日時:2016年3月29日(水)13:00-15:00 場所:筑波大学 (筑波キャンパス第三エリア)3A407
http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html

「参加型GISの理論と応用」について(座談会)
内容:『参加型GISの理論と応用: みんなで作り・使う地理空間情報 』(http://www.kokon.co.jp/book/b281804.html)の発刊を受けた研究グループメンバーによる座談会を実施します。

日本地理学会2016年春季学術大会におけるシンポジウムの開催

2016年3月21日(月)〜 22日(火)に早稲田大学で開催される日本地理学会2016年春季学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2016spring.html)において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループのメンバーが中心となったシンポジウムが開催されます(http://www.ajg.or.jp/timetable_2016_spring.pdf).関心ある方々のご参加をお待ちしています.


シンポジウムS11
テーマ:多様な主体による参加型GISの方法と実践
オーガナイザー:若林芳樹(首都大),今井 修(東京大),西村雄一郞(奈良女子大)
日時 3月22日(火) 9:30〜
場所 第2会場
<主旨説明> 9:30-9:35 若林芳樹
<座長>今井 修
9:35-9:50 若林芳樹(首都大):地理空間情報のクラウドソーシングとPGISの課題
9:50-10:10 西村雄一郞(奈良女子大):オープンデータ活動とネオ地理学
10:10-10:30 瀬戸寿一(東京大): 地域課題解決に向けた地理空間情報の活用とシビックテック
10:30-10:50 矢野桂司(立命館大):ジオデザイン―人口減少社会のまちづくり
<事例紹介とコメント> 10:50-11:20
古橋大地(青山学院大):OSMから広がるPPGISの多様化
関口昌幸(横浜市政策局):横浜市におけるオープンデータとオープンイノベーション―地理空間情報との関連で
<総合討論> 11:20-12:00 
<座長>若林芳樹,今井 修,西村雄一郞

2015年日本地理学春季学術大会における研究グループ集会の開催について

2015年3月28日(土)〜 29日(日)に日本大学文理学部で開催される日本地理学会学術大会(http://www.ajg.or.jp/meetiing/2015spring.html)において,本科研メンバーらが発起人となっている日本地理学会「GISと社会」研究グループの研究グループ集会が開催されます(http://www.ajg.or.jp/ajg/2015/02/post-679.html).関心ある方々のご参加をお待ちしています.
日時:2015年3月29日(日) 13:00-15:00
場所:日本大学文理学部(3509教室)(http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
発表:
・鈴木晃志郎(富山大):電子地理情報倫理をめぐる地理学的課題
・吉永明宏(江戸川大):GIS利用の「倫理」―倫理学の観点から